【スポーツ外交推進事業】モルドバへの柔道着の提供

【スポーツ外交推進事業】モルドバへの柔道着の提供1
【スポーツ外交推進事業】モルドバへの柔道着の提供2
【スポーツ外交推進事業】モルドバへの柔道着の提供3

外務省は、令和2年度の「スポーツ外交推進事業」として、全日本柔道連盟及び特定非営利活動法人JUDOsの協力を得て、柔道着200着をモルドバ柔道連盟に提供し、2021年3月1日、モルドバ全国柔道選手準備センターにおいて寄贈式を実施しました。

今回の柔道着の提供は、昨年、ゴルバン・モルドバ柔道連盟会長から片山駐モルドバ大使に対して、モルドバの柔道選手への協力について相談があったことがきっかけでした。モルドバでは柔道の人気が非常に高く、人口268万人と少ないにも関わらず、全国に約6千人もの愛好家がいます。東京オリンピック競技大会にも男子73kg級のビクトル・ステルプ選手が出場を予定しており、その活躍が期待されています。
柔道の発展に真摯に取り組んでいるモルドバに対する今回の協力が、柔道の普及を通じた対日理解の一層の促進に繋がることを期待して、全日本柔道連盟及び特定非営利活動法人JUDOsの協力を得て、柔道着を寄贈することになりました。

関連サイト:
外務省ホームページ>モルドバへの柔道着の提供

活動レポート英語版はこちら↓から閲覧できます。

【Moldova】Judo Uniforms Donated to the Judo Federation of Republic of Moldova -Project for Sports Diplomacy Enhancement-

現地関係者からのコメント :

モルドバ柔道連盟会長 ゴルバン氏:
ご提供頂いた柔道着は、今後、モルドバ国内で柔道の練習のために必要とする所に配布したいです。
今回ご尽力頂いた日本の関係者に心から感謝したいです。

実施期間
2021年3月1日
実施エリア
モルドバ
スポーツ種目/プログラム種別
柔道
実施組織
(公財)全日本柔道連盟
特定非営利活動法人JUDOs
日本外務省
支援先
モルドバ柔道連盟
支援対象者数
200人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP