• 3. すべての人に健康と福祉を
  • 4. 質の高い教育をみんなに
  • 5. ジェンダー平等を実現しよう
  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市

SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市1
SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市2
SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市3
SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市4
SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市5
SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市6
SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市7
SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市8
SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市9
SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市10
SFT×ホストタウン連携イベント スポーツでヨルダンをもっと知ろう!@秋田県能代市11

日本スポーツ振興センターと日本ラグビー協会は、これまで7年間にわたりアジア地域でラグビーの指導と普及活動を行いながら、ジェンダー平等やインクルーシブスポーツの推進に取り組んできました。しかし今年は新型コロナウイルス感染症の影響で現地に行くことができません。そこで、スポーツ・フォー・トゥモロー事業としてはじめてとなるオリンピック・パラリンピックのホストタウンとの連携イベントを秋田県能代市で開催しました。

ヨルダンは中東の難民ホスト国とも言われ、シリアやパレスチナなどの周辺諸国から多くの難民を受け入れています。
ヨルダンで活動経験がある日本人講師による出前講座では、ヨルダンの人々の日常生活や難民キャンプの子どもたちの学校教育が紹介され、イベントに参加した能代市民は熱心に聞き入っていました。
イベントの後半には、難民キャンプでも行われているタグラグビーの体験会が行われ、その様子をオンラインでつないだヨルダンのラグビー関係者に解説しました。体験会後には、日本とヨルダンのラグビースタッフと選手が、コロナ禍での練習方法や普及活動の再開について意見交換を行い、共にがんばっていくことを約束しました。
今度も東京2020大会に向けてオリンピック・パラリンピックムーブメントを盛り上げるために、ヨルダンと能代市はスポーツやカルチャー、教育を通じた国際交流を継続していきます。

秋田県能代市Webサイト
https://www.city.noshiro.lg.jp/sangyo/noshirohosttown/17203
JRFU Asian Scrum Project ホームページ
https://jrfu-asianscrum.jp/2020/12/03/projects/sport-for-tomorrow/2069/

実施期間
2020年11月29日
実施エリア
日本・秋田県能代市
ヨルダン・アンマン(オンライン)
スポーツ種目/プログラム種別
ラグビー(タグラグビー)
実施組織
能代市ホストタウン実行委員会
日本スポーツ振興センター
日本ラグビーフットボール協会
支援先
ヨルダンラグビー協会
協同組織
駐日ヨルダン大使館、能代市教育委員会、国境なき子どもたち、秋田県ラグビーフットボール協会、能代市ラグビーフットボール協会、秋田ノーザンブレッツラグビーフットボールクラブ、国際協力機構(JICA) 、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)、ヨルダン大使館他
支援対象者数
12人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP